プレゼント・ギフト・贈り物で喜んでもらうギフトアドバイザー

ギフトアドバイザー|プレゼント・ギフト・贈り物選びに迷ったら♪

ふるさと納税 ふるさと納税を知る

ふるさと納税のお得なワンストップ特例制度!そのしくみと申請条件とは

更新日:

ふるさと納税のワンストップ特例制度って何?お得な制度と申請条件

ふるさと納税とは希望する自治体に寄付を行う行為です。寄付行為を行うと金額に応じて税金が控除されるため、そのこともあってふるさと納税は節税対策にも利用されます

ふるさと納税により、どのくらい節税ができるかはどのような寄付を行ったかによって異なります。

その年の所得税と翌年の住民税が還付されることになりますが、寄付金控除の確定申告書を作成して提出しなければなりません

しかし、5自治体までの寄付であれば、ワンストップ特例というしくみを利用することができます。節税対策としてふるさと納税をする際でも確定申告が不要になります。

ただし、住民税だけ控除(所得税還付はなし)となる点は覚えておきましょう。申請条件はもともと確定申告の必要がない人など様々ありますので事前に確認すると確実です。

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

ふるさと納税でワンストップ特例制度の細かなしくみと申請条件

ふるさと納税で節税をするためには、もともと確定申告の必要がない人も確定申告をしなければなりません

寄付を行った自治体ごとに受領書を受け取り、税務署で確定申告を行うことにより、その年の所得税が控除されるしくみだからです。

しかし、ワンストップ制度のしくみを利用すれば、もともと確定申告の必要がない人ならば確定申告が不要なままで住民税だけ控除(所得税還付はなし)を受けることができます

申請条件のひとつは、寄付先が5自治体までであることがあげられます。

5自治体までならば、複数回寄付していても問題ありません。

ただし、年間所得が2000万円を超える所得者であったり、副収入がある人、医療費控除などの確定申告が必要である場合はワンストップ制度を利用することはできません

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

ふるさと納税のワンストップ特例制度のしくみと申請条件、利用方法と注意点

ふるさと納税ワンストップ制度には次のような特徴があります。

①確定申告が不要

②住民税だけ控除(所得税還付はなし)

 

申請条件はもともと確定申告の必要がない人で、かつ寄付先が5自治体までとなっています。ワンストップ制度を利用する場合には申請を行わなければなりませんが、いくつかの注意点があります。

まず、寄付先が5自治体までとなっていますが、同じ自治体ならば複数回寄付していても問題ありません。ただし、6自治体以上に寄付したら確定申告が必要です。

また、ワンストップ制度では住民税だけ控除(所得税還付はなし)となりますが、控除は翌年分となるので混同しないように注意が必要です。

さらに、いくらお得な制度といっても、医療費控除や住宅ローン控除などを受ける方がお得な場合もあるので、しっかりと計算してから受ける必要があります。

不明な点は確認した上で利用しましょう。

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

面倒な確定申告は不要!ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請方法とは?

ふるさと納税は、所得控除の一種で、ある自治体にふるさと納税(寄付)をし、その翌年に確定申告をすることで、納税した金額から2,000円を引いた金額分の所得税の還付や住民税の減額が受けられるという制度です。

つまり、ふるさと納税の節税効果やお礼品という恩恵を受けるためには確定申告書を作成して、自治体から届く受領書とともに確定申告をする、という手続が必要となります。

確定申告なんて面倒、と感じる人も多いと思いますが、そんな方に朗報です。 平成27年4月から、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」というものがスタートしました。

これは、納付先が5自治体までなら、確定申告をしなくてもOKという制度です。

その申請方法は、納付先の自治体から送られてきた「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記載し、この申請書と必要書類(マイナンバー及び本人確認書類)を自治体に郵送するという、簡単なものになります。

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度は使えない場合がある?

このように、確定申告の手間を省略できるふるさと納税ワンストップ特例制度は大変便利な制度ですが、注意も必要です。
注意事項の1つ目は、ワンストップ特例制度を利用できるのは寄付先が5自治体までという場合に限られる、つまり、寄付した自治体が6か所以上になると使えないということです。

色々なお礼品を受け取りたい、多くの自治体に寄付をしたいという方は確定申告を行わなければなりません
また、注意事項の2つ目は、ワンストップ特例のための申請書の提出期限が、寄付をした年の翌年1月10日までであり、それまでに必要書類と一緒に自治体に申請をする必要があることです。

そのため、年末に寄付をしたような場合には、自治体から送られてくるワンストップ特例制度の申請書が期間内に手元に届かず、ワンストップ特例制度が使えない可能性があります。

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

まだある!ふるさと納税ワンストップ特例制度を使う場合の注意点!

ふるさと納税の納付先が5自治体以内であり、申請書の提出期限も問題ない!という場合でも注意が必要なのは、ふるさと納税後に引っ越しした場合です。
ワンストップ特例制度を用いる場合、この所得控除に必要な情報は、ふるさと納税をした先の自治体が、住所地を管轄する自治体に対して連絡することで共有されます。

しかし、ワンストップ特例制度を用いた後に引っ越した場合には、このような連絡がうまくいかなくなってしまいます。

そのため、ふるさと納税をした先の自治体に対して、特例申請書の記載事項の変更届を提出する必要があります

また、同じ自治体に複数回ふるさと納税した場合も注意が必要です。このような場合、納付先の自治体の数は1つとなります。

その自治体以外に4自治体にふるさと納税をした場合でもワンストップ特例制度が利用できますが、寄付をした都度申請が必要になります

<ふるさと納税ワンストップ特例制度の詳しい説明はこちらから!>

 

-ふるさと納税, ふるさと納税を知る

Copyright© ギフトアドバイザー|プレゼント・ギフト・贈り物選びに迷ったら♪ , 2019 All Rights Reserved.