ギフトアドバイザー|プレゼント・ギフト・贈り物選びに迷ったら♪



ギフトアドバイザー|プレゼント・ギフト・贈り物選びに迷ったら♪ > 入学祝い > 【入学祝い】渡す時期はいつがいいの?気になる相場はいくらくらい?

【入学祝い】渡す時期はいつがいいの?気になる相場はいくらくらい?


入学祝い

こんにちは。

ギフトアドバイザーのケイコです。

 

入学シーズンになると、入学祝いをどうしようか考えなくてはなりません。

親戚の子どもにあげたり、知人の子ともだったり事情は様々。

 

ところで入学祝いの金額ってどのくらいをしたらいいの?

なんて悩む方も多いはず。

 

また、渡す時期っていつがベストなの?と疑問にも思いますよね。

 

堅苦しく考える程ではないかもしれませんが、渡す時期や金額等、マナーとして基本を抑えておきましょう。

 

《目次》気になるところから読む!

渡すタイミングは?

入学祝い

 

 

渡す時期としては入学の2~3週間前とされていますが、遅くとも1週間前までには渡すと良いでしょう。

断りがあった場合を除いては、いくら身内と言えどもお返しをします。

 

入学式直前ではお祝いをする相手が忙しいということを考え、少々早目の気持ちで3月上旬~中旬までには送ると良いでしょう。

 

しかし場合によっては遠く離れてくらしており、入学の時に晴れ姿を見て、直接渡したいと考える人もいるかもしれません。

 

身内のお祝いなので、その時はあまり気にしないで当日渡しても良いかもしれませんが、

気になるのならば、当日に渡すことを先に連絡をしておくと良いかもしれません。

 

常識のある相場は?

入学祝い

 

次に気になる相場ですが、祖父母や親族が贈る場合は1万円~数万円

仮に親しい友人のお子さんなどに贈る場合は5千円前後が通常です。

 

相手の人が恐縮するような金額を贈るのはスマートではありません。

 

入学する人の年齢を考慮して金額を決めても良いかもしれませんし、

先に自身の子ども等に先に入学祝を頂いていたことがあったのなら、その金額に合わせても良いでしょう。

 

また親しい友人だがお金で入学祝いを贈ることに少々気が引けるのなら、

電動の鉛筆削り器や図鑑、時計等、学校で使いそうな物を贈っても良いかもしれません。

 

物で贈る場合も高過ぎず、相手が受け取りやすい金額の物を贈りましょう。

 

 

入学祝い

 

入学祝いは本来、入学する人に向けて贈るものです。

 

そのため入学する人がお金を稼ぐことが出来ないにも係わらず、お祝いに対してお返しをするのは変な感じもしますが、お祝いに対してはその家からお返しをするという日本の風習に倣うことも今後の付き合いに関係してきます。

 

そのため入学祝いを贈る相手のことを考え、大きな金額を贈らないことも場合によっては大切になります。





キーワード